暮らしを便利にする福祉用具

少子高齢社会である現代の日本では、高齢者の介護福祉が問題となっています。在宅介護を行っているご家庭も多くありますが、家族にかかる負担は計り知れません。
在宅介護の鍵を握っているのは、バリアフリー設備と福祉用具の充実です。これらの条件が整っていないと、在宅介護をしていく上で不要な負担を増やすことになります。
これから在宅介護をお考えならリフォームや介護・福祉用品の導入を検討してみませんか? こちらでは暮らしを便利にする福祉用具の使い方についてご紹介します。

車いす

歩行や移動が困難な方が利用するものです。また筋力の関係で手押しの車いすの利用が困難な場合は、電動車いすを利用する方もいらっしゃいます。
後輪のハンドスリムを押すと走行します。利用者本人が操作することを目的としている為、ブレーキも手の届きやすい後輪前方についています。
グリップブレーキやフットブレーキがついているタイプなど、利用者の目的に合わせた種類があります。他にも介助する方が操作しやすい介助用車いす、バー状のハンドルを手元で操作できる電動車いすなどがあります。また車いす用クッションや車いす用テーブルなど関連用品も発売されています。

リフォームを行うタイミング

歩行器

歩行器は4脚からできており、不安定だが立位ができる方のサポートをします。歩行器は高さが重要になりますので、身長÷2+2~3cmを目安に合わせましょう。
使い方はシンプルで、両サイドにある歩行器のグリップ部分をしっかりと掴み、持ち上げて前に出し身体を少しずつ移動させます。つたい歩きに不安を感じる方、両手でステッキを使用している方、脚のリハビリをしたい方に最適です。
ローラーがついて移動がよりスムーズに行えるものもあります。

リフォームを行うタイミング

自動排泄処理装置

自動排泄処理装置は尿や便を自動で感知し自動で吸引、洗浄、乾燥できる機械です。メーカーによって異なりますが、主に専用のオムツをベッドに取り付けて利用します。
温度調節機能なども備わっており、利用者の負担を軽減します。また紙おむつ費用と焼却処理費用が減り、地球環境に優しいのも魅力です。要介護の段階によってレンタルの制限があります。

当社はリフォームや福祉用具のレンタル、販売などを行っております。神奈川県横浜市や川崎市でのリフォーム・介護用品・福祉用具のことならお任せください。
川崎市の麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区近辺にお住いの方もぜひ当社をご利用ください。

〒225-0015 神奈川県横浜市青葉区荏田北3丁目1-6 江田スクエアビル3階
【TEL】045-532-3914 【FAX】045-532-3904 詳細»