バリアフリーリフォームの必要性

ご高齢の方がいらっしゃるご家庭や身体が不自由な方がいらっしゃるご家庭では、バリアフリーの設備が必要になります。現在では自宅にバリアフリー設備を取り入れる方も多くなり、バリアフリーの必要性が重要視されてきています。バリアフリー住宅は行動能力に多少の制限があっても、安心・安全に重点を置いている為、快適に暮らすことができます。行動能力に制限のある方にとってバリアフリーは必要な設備といっても過言ではありません。
ここでは、住宅のバリアフリーリフォームの必要性についてご紹介します。

高齢者の怪我を未然に防ぐ

高齢者の怪我を未然に防ぐ為にチェックしておきたいポイントがあります。
主に寒すぎたり暑すぎたりしないかなどの住宅環境の管理や、トイレまでの距離が挙げられます。温度の変化が顕著に表れてしまうと体調への悪影響が考えられ、トイレが遠すぎると夜中に用を足す際に危険が伴います。
また段差の撤去もバリアフリーの代表的な施工例です。ちょっとした段差でも大きな事故の原因になる場合もあり、床の段差解消はバリアフリーの基本中の基本といわれています。
段差の撤去と同時に、歩きやすい環境にすることも転倒防止に繋がります。転倒防止には手すりの設置が効果的です。シンプルな設備ですが非常に重要で、転倒防止の他、歩行や動作のサポートをします。特に階段などの危険な場所にはぜひ設置しておきたい設備です。
他にも快適な暮らしの為には、寝室のバリアフリーも欠かせないもののひとつです。

リフォームを行うタイミング

補助金の支給

要介護者に対しては住宅集費支給、居宅介護(介護予防)住宅改修費支給が受けられることがあります。支給限度額は20万円で介護保険によりまかなわれています。転居の際や介護度が3段階以上高くなった場合にも再度利用可能な場合があります。バリアフリー設備の設置をお考えでしたら、自治体へ相談されてみてください。

神奈川にある当社ではマンションや住宅のリフォームを承っております。
水回り、キッチン、お風呂、トイレのリフォームやバリアフリーリフォームについて分からないことがあればお気軽にご相談ください。

〒225-0015 神奈川県横浜市青葉区荏田北3丁目1-6 江田スクエアビル3階
【TEL】045-532-3914 【FAX】045-532-3904 詳細»